時計の長針

日記感覚で出来事や思ったことなどを書いていけたらいいなと思ってます。

Happy New Year?

 

皆さん。新年明けましておめでとうございます。

 

(↑今更感)

 

あれ?突然どーした?と思うでしょ?

最後に更新したの夏だったからねwww

見返したら最後の内容、君の名は。の感想というかネタバレというかだったからねwww

 

どんだけサボってたんだよ…俺…

(サボってたわけじゃないよ。ブログの存在を忘れていただけだよ。)

 

という感じで、またふらふらと始めた私です。

 

前回までのブログ読んでたよ〜、つまらんけど読んでたよ〜って人はもしかしたら「お前、そんなキャラだったか?お?」って思ったかもしれませんが、ちょっと今までのは硬っ苦しい感すごかったってのが本音。

 

ということで、これからはなるべく素で、のんびり気が向き次第更新していこうかなぁと思っております。

 

そんな感じで新年1発目のブログ。

いきなり思い出話解禁しますよw

 

 

今年のカウントダウンは友達とカラオケで迎えました!!

例年通りだとだいたい家でガキの使い観ながら気がついたら、あ!はっぴーにゅーいやー!って流れだったんだけど、今年は友達とでした。

年越しカウントダウンでは、ももクロの行くぜ!怪盗少女をみんなで歌って盛り上がりましたね♪

もちろん、そっからはオールでした。

 

そんで、2日も同じメンバーで川崎大師へ初詣に行きました。

(賽銭時ちょっとふざけたこと反省しております。。)

そっからは流れてスポッチャへ。

新年早々アクティブ男子をした私は翌日見事筋肉痛と戦いました。

 

3日は家族でお出かけ。特筆すべき点は特にないので以上。

 

4日は新年1発目のライブに行ってきましたよ!!

今までのブログで紹介したかな?

強がりセンセーションのライブです。

これがまた最高に楽しかった。

最高の新年の幕開けをしたなっ!って感じでした。

 

5日は新年最初のバイト。これも特筆…以下略

が、しかし、この日はこれからの地獄の一週間の開幕日でもあったんですね。

 

…新年早々胃腸炎との戦いの始まり。

 

もうこれがびっくりするぐらいしんどい。

バチでも当たったか?

 

 

……

 

川崎大師での行動が弘法大師に見つかってたとしか思えません。。(全然たいしたことしてないんですけどね)

すいませんでした。。

 

という感じで今日まで胃腸炎と戦っておりました。

というか、正確にはまだ完治してないっぽいので、まだ戦ってるが正解です。

 

新年は色々ありましたなぁ。とすでに思い出モードに突入しておりますが、今年もたくさんの出来事があればいいなぁと思っております。

 

このブログもなるべく、頑張って、少しずつでも更新していけたらと思っているので、こちらも含めて今年もよろしくお願いします。

 

 では、また。

感動をもう一度…

こんばんは。

約ひと月ぶりの更新となりましたw

私は今バイト先で始発待ちしております。

絶賛風邪発症中…
季節の変わり目や気温が変わる頃に体調を崩す癖がつき始めている私です。

最近全然更新していなかったので、一体どんな生活を送っていたか気になる方…はいるわけがありませんが、一応元気にオタクしてました。
それと、サボり気味だった就活の方も少しずつですが再スタートさせてるところでもあります。

そんなこんなでここ最近は色々と外出する機会も増えているのですが、その中でも自分にとって特に印象に残った出来事というか思い出というか感想を少しばかりまとめたいと思いブログに手を伸ばした次第です。

さて、今回私がどうしてもみなさんに紹介したい作品があります。

最近巷で評判のとある映画です。

君の名は。

きっともうすでに見たよ!って方もいるでしょう。
公開前から話題になっていたこちらの作品。
公開するやいなやあっという間に大ブーム。

私も見に行きました。
(公開日翌日)

君の名は。」………

とても良かった。。

私は公開前からちらほらとやっていた特集などを一切見ず、事前知識ほぼ0で見ました。
↑CMなどでキャラクターデザインや大まかな設定などは知ってましたが…

とにかく最初から最後までストーリーがしっかり練られている。
そして、展開もとてもいい。

心に響くものを感じました。





_ _ _ _ここからネタバレ有_ _ _ _













ここからはネタバレを含む感想となります。
まだ見てないよ!ネタバレやめてよ!!
って方はここまでで。



















君の名は。
CMなどをご覧になられた方は知ってることかと思いますが、主人公とヒロインが夢の中で入れ替わるという内容です。

とある田舎町に住むヒロイン三葉は、都会に憧れる女子高生。
ある日、目が覚めると家族や同級生が不安そうな素振りを見せます。
昨日は様子が変だった。
これが物語のスタートとなります。

一方、都会に住む主人公瀧。こちらもありふれたごく普通の男子高校生。
この瀧と三葉はこの後、眠ることで不定期にお互いが入れ替わることに気がつきます。
2人はルールを決め、互いの入れ替わりを受け入れ生活していきます。

ここまでが前半の大雑把な内容。
高校生特有の仕草や、感情の変化、人間関係などが細かく描かれており、個人的にはあぁ、高校生に戻りてぇなんて感情が芽生えるくらいに青春を表現しています。
ここまでを見ると、2人の青春の中に不思議な現象が組み込まれた状況といった内容解釈をする方が多い。
見ててドキドキワクワクする展開でもあります。

そして、物語は中盤へ。

2人は入れ替わりをする中で、互いを意識し始めます。
そんな時に突如、この入れ替わりが起きなくなるのです。
瀧は三葉のことが気になり、三葉の住む町へ向かうことを決意します。
しかし、そこで思いもよらぬ展開が待ち受けていました。
三葉の住む町は3年前に彗星が落下し、壊滅状態であることを知らされてしまうのです。
犠牲者名簿に三葉の文字を見つけた瀧。
そんな時に以前入れ替わっていた時に家族で口噛み酒と呼ばれる供え物を御神体に奉納したこと(具体的に解説するには少し長くなるので割愛)を思い出し、その場所へ向かいます。
御神体のある場所に辿り着くとそこには3年前に奉納された口噛み酒がそのまま置かれていました。
瀧はその口噛み酒を飲みます。
すると、3年前の彗星事故当日の三葉と入れ替わることに成功します。

かなりネタバレを含む内容となってしまいましたが、ここまでが中盤です。
中盤で物語は大きく進路を変えます。
瀧と三葉は3年のズレの中入れ替わっていた事。そして、3年前に三葉の住む町に彗星が落下し、三葉を含む町民が数多く犠牲となっていたこと。
物語は青春ストーリーから一変、悲しい真実を突きつけられる展開となります。
ここらへんで、物語の衝撃とその悲しさから不思議と画面に吸い込まれて行く感覚になったことを覚えています。
まさか!そんな!とまるで瀧に感情移入したかのような現象です。
まさかこのような展開が待ち受けていようとは…
そしてここから物語はクライマックスへと向かいます。

物語、後半。そしてラスト。

彗星事故当日の三葉と入れ替わった瀧は、町民と三葉を救うべく、同級生の力も借り、なんとか避難の手段を考え行動に移します。
その途中、実はその彗星事故の前日に三葉が東京に来ていたことを知ります。
もちろん、3年前の瀧は三葉の存在をしるわけもなかったのですが、さり際に三葉から渡された組紐だけを今も身につけていました。
真相を知った瀧は、3年後の自分の中に三葉が入っているのではと思い、御神体のある山へと向かいます。
一方、目が覚めた三葉は自分が瀧の中にいることに気がつき、そして、自分の住む町が壊滅している現実を知ることとなります。
御神体あるの山にいる3年前の三葉(瀧)と3年後の瀧(三葉)はカタワレ時と呼ばれる夕暮れ時に奇跡の出会いを果たします。
2人は元の体に戻り、瀧は彗星事故による犠牲者を食い止める作戦を三葉に託します。
瀧に託された三葉はその作戦を実行し、約束を果たします。
しかし、時同じくして、瀧と三葉はそれぞれお互いの存在を忘れてしまいます。

そして、時は流れ数年後…

これから先は本当のエンディングなので、ここまでにしようと思います。

後半、2人が役目をバトンタッチする瞬間は本当に涙が溢れ出るかと思いました。
三葉を助けるために動き出す瀧。
瀧の思いを受け継ぎ行動する三葉。
そして、そのバトンタッチの瞬間でもある、3年の時差を超えた2人の出会い。
とにかくありとあらゆる感情が溢れ出てきます。
緊迫した状況、鬼気迫る展開、静寂からの感動。
本当にラストに向けて駆け抜けて行くかのような展開で、目で見て、耳で聴いて、心で感じるを最大限に感じさせてくれる内容となっていました。
見終わった後の満足感もこの展開があってこそだと思います。
そして、ラストシーン。本当のラスト。
みなさんにもぜひ劇場でその奇跡を体験してもらいたい…


君の名は。


最近の私の中で大きく関わった作品になりました。

長々とそれにネタバレ含む内容をお許しください。

では、また。

まだまだ夏

こんにちは。

お久しぶりです。

ここ最近のオタ活をまとめます。

まず11日。
この日はChu☆Oh!Dollyの単独公演でした。
会場は渋谷O-Crest
この日のライブは真夏のクリスマス公演というコンセプトで、メンバーがサンタさん衣装でのパフォーマンスでした。
みんな衣装がすごく似合っていて、登場と同時にときめきました。
ライブもとても盛り上がり、ユニットがあったり、初披露曲があったりなど盛りだくさんの内容でした。
また、27日に新しいオリジナル曲披露という嬉しい情報も解禁され、幸せな1日となりました。


12日。
この日は、地元が同じオタク友達がうちに泊まりました。
昼頃合流してから、夜中までひたすらYouTubeでたくさんのアイドルの動画を観ながらテンション上げてました。


13日。
この日は、日産スタジアムに向かいました。
この13日と翌日14日は日産スタジアムももいろクローバーZのライブがありました。
以前お話しをしたかな?してなかったかな?
覚えてないのですが、私はももクロのファン=モノノフです。
しかし、この日はももクロを見に会場に行ったわけではなく、会場横に特設ステージがあったのですが、そちらで強がりセンセーションのライブがあり、そちらを見に会場へ行きました。
ステージ周辺はモノノフがたくさんいて、少しアウェイな環境の中でのライブだったにも関わらず最高のパフォーマンスを見せてくれました。
もちろん私もとても盛り上がって見てましたし、モノノフのみなさんにも興味を持っていただけたんじゃないかと感じるライブでした。
その後はチケットがなかったため、ももクロのライブを音漏れで聴いてました。


14日。
この日は、いよいよモノノフとしての本格活動となりました。
つまり、ももクロのライブに参戦です。
4月のドームツアー西武ドーム大会以来の参戦という理由と、最近ももクロから少し離れ気味だった理由から、少しライブで楽しめるか不安を抱きながら現地へ向かいました。
会場では、モノノフの仲間のみなさんにたくさん会うことができ、ももクロのライブに来たことをすごく実感することができました。
そして、5時。
いよいよ、ライブが始まりました。
会場内は5色のグッズを身にまとったモノノフであふれ、巨大なセットや液晶をみて、さらにももクロのライブに来たことを実感しました。
演出もとてもももクロらしさが溢れており、またメンバーのパフォーマンスや煽りでテンションが上がり、心配してたことも吹っ飛ぶぐらい楽しむことができました。
本当に参戦出来て良かったと感じました。

今年の夏はたくさん思い出が出来てるなぁと嬉しく思います。

では、また。

最高の夏、スタートです。

こんばんは。

今日はここ最近のオタ活をドドドっとまとめていこうと思います。

まず、4日。
この日は、Chu☆Oh!Dollyのライブに行ってきました。
7/17以来で少し久しぶりだったこともあり、ドキドキしながらライブ会場に行きました。
開場したらイスが空いていたので、連番相手もいなかったこともあり、1人で座ってみることにしました。

いざ、ライブが始まると座ってることを忘れさせてくれるぐらい楽しいライブでした。

最初は若干大人しくみていましたが、徐々にテンションが上がって行き、コールもたくさん打ってました。
聴きたかった曲も聴けて嬉しかったです。
また、この日から公式グッズでタオルが発売されました。
もちろん、購入済みです。

いつかタオルを使う曲がきて、このタオルを振る日がくることを祈っております。


そして、5日。
この日から3日間のTIFが始まりました。
が、私は初日は会場に行きませんでした。
特に理由はないのですが、残り2日に向けて体力温存みたいなところです。

この日から、オタク仲間5人で泊まりでした。
みんなTIF参戦だったので、その前夜祭をこの日にしました。
みんなで酒飲みながら動画やDVDをみる。
とても楽しかったです。


6日。
ついにTIFに参戦です。
前日の酒が思いのほか残っていたため、コンディションはここ最近で一番良くなかったのですが、会場に着いてからはそんなことを忘れる勢いでテンション上がりました。
あらかじめみるグループを決めていたので、それをベースにお台場を色々歩き回っていました。
やはり日本一のアイドルフェス。
参加グループの多さはもちろんですが、それに比例するよりもさらに多くのオタクがたくさんいました。
もう、すごい光景です。
また、暑さも尋常じゃなかった。
滝のように汗をかきました。
ただ、その気温に匹敵する会場の熱気は最高でめちゃくちゃ楽しかったです。
このあともまた仲間5人で1泊。
夜ご飯にピザを食べました。


7日。
この日もTIFです。
前日に引けを取らない暑さ。
また、日曜日ということもあり土曜日よりさらに人が増えた気がしました。
この日もあらかじめみるグループを決めての行動でしたが、前日よりも気持ちゆっくり回ってみていました。
(前日の疲れがすでにきていた。)
会場で食べたかき氷。
ごく普通のかき氷でしたが、びっくりするぐらい美味しかったことを覚えています。
また、めっちゃ大きいソーセージを挟んだホットドッグが尋常じゃないくらい美味しかったです。

ライブもめちゃくちゃ楽しくみてました。
あのフェスな感じの雰囲気がテンションをさらに上げてくる感じ、たまらなく良かったです。

TIF2日間参加して、見たかったグループもしっかりとみれて、また普段みないグループをみて楽しむこともできて大満足のイベントでした。

帰宅してからは死んだように寝ました。
イベントが終わって今日で2日目ですが、まだ余韻と疲れが残っています。

これも本当に楽しかった代償といったところです。

夏の思い出の1つとして一生残って行くと思います。

こんな感じで夏最初の大イベントを終えました。

まだまだ、この先も参加するライブがいくつか決まっているので、その都度更新していこうと思います。

では、また。

さらば7月

こんばんは。

今回、7月最後の土日についてまとめたいと思います。

まず土曜日。

朝起きてから、髪を切りに行きました。
なかなか切りに行けていなかったため、すごくさっぱりしました。
(本当はその前の日に切るつもりだった…)

さっぱりした後は秋葉原へ向かいました。
この日は、夜に「Luce Twinkle Wink☆」のライブがありました。
久しぶりにライブを見るのでドキドキしていました。
最初始まってすぐは、久しぶりで少し地蔵気味だったのですが、徐々にテンションが上がり最後は盛り上がって楽しく見てました。
この日は色々いいことがあったので、幸せな1日でした。

そして、日曜日。

日曜日は新宿で無銭ライブがあったので、そちらに行きました。
途中雨が降ったりなどしましたが、久しぶりにみるグループもあったりとたくさん楽しめました。
帰りに少し渋谷に寄りました。

やはり、渋谷は人がすごい…
最近よく東京の方に行く機会が増えましたが、渋谷はちょっと苦手です。
新宿、秋葉原が個人的には好きです。
まぁ、降りたことない駅ばかりですが。

そんなこんなで7月終わりの土日はオタクをたくさんしてました。

今週は明日明後日とバイトをした後は、ひたすらオタクをする週になるので、今からすごい楽しみです。

ライブがあることをモチベーションにバイト頑張ります。

では、また。

バケーション

こんばんは。

真夜中に更新。


木曜日はライブに行ってきました。
渋谷で「強がりセンセーション」のライブがありました。

木曜日のライブ、単独公演でさらに新曲発表もあったのですが、新曲…めっちゃ楽しい。

ライブもとても楽しく見ることができました。
今回で3回目の強センライブでしたが、本当に盛り上がりました。
友達と曲が流れるたびにいえーい!!キターー!!って気持ちになりながら盛り上がってました。
また近いうちに必ずライブ行きます。

ちなみに新曲、YouTubeに挙がってます。昨日アップされたので見てみてほしいなぁと思います。

曲名は

「きみがとまんないっ!!!」

です。

そして、木曜日でついに春学期の授業が全て終わり夏休みに突入しました。

Summer vacation!!!

初のTIF参戦が来週に控えており、今までの夏を余裕で超えると思っています。
ワクワクです。

学生最後(になってほしい)の夏、調子に乗らない程度で楽しもうと思います。
まぁ、やらなきゃならないこともまだたくさんありますが…

頑張ります。

では、また。

久しぶりの…

こんばんは。

すっかりお久しぶりですね。

最初、自分の中でブログは何かしら毎日更新しようなんて目標掲げてましたが、1ヶ月もちませんでした。

ということで、これからは気が向いたら更新しようかなと思います。

やめるつもりはないので、これからもたまに見てくれたら嬉しかったりします。

て、感じで今日はお出かけしていました。

場所は新宿。

映画を観に行ってました。

2ヵ月ちょい振りですかね。

作品は…

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」

非常に面白かったです。

なんといっても監督が宮藤官九郎さんというのが、とてもいい!
今回の作品もクドカン感がすごい感じられました。
笑いのセンスや、軽快な話の展開など、見ててひきつけられる魅力がありました。
そして、キャストも個人的にとても良かった。












ここから、少し、ほんの少しですが内容に触れます。







今回の作品、舞台は基本地獄です。

地獄で輪廻転生を巡る話になっています。

地獄でバンドをしている鬼。
長瀬智也さん。

タイトルの通り、若くして死んだ高校生。
神木隆之介さん。

この2人を含めたキャラクター達の会話や、やり取りがすごく面白い。

また、ただ笑えるだけでなく、どこか切ない場面もあり、とても感情が動かされる作品でした。

が、やはり、クドカン

笑いが強い。

なんせ、映画館の場内で笑い声が聞こえるレベルです。

クスッと笑えるものから、思わずハハッって声が出てしまうような笑いまで。

とても楽しかったです。

あまり、内容に触れてしまうと楽しみにしている方に、おい、なんだよ。って思われてしまうので、このあたりにしたいと思いますが、個人的には子供向けではなく、ある程度大人に近い、というか高校生辺りの年齢層から上の世代にオススメしたい作品でした。

やはり、舞台が地獄という意味での演出と、独特のジョークがそれを感じさせます。

あと、すごい個人的にオススメできるのが、音楽、主にバンドなどに興味もしくは経験のある方と仏教学などで輪廻転生や六道について知識のある方です。

なんせ、そこそこ専門的な内容がちらほら出てくるので…
もちろん、それに属さない人でも充分楽しめる内容ですが。

あと、劇中にたくさんオリジナルソングが出てきます。

とてもいいです。頭に残ります。

映画見終わったあとに、あの劇中に出た曲全部入ったCDとかないかなぁと思ったぐらいです。
(オリジナルサウンドトラックがある模様)

そんな感じで、簡単な感想だけでこれだけ話せるぐらい充実の内容でした。

皆さんの中に少しでも興味のある方がいましたら、これはオススメできます。


映画を見たあとは夜ご飯を食べて、帰宅。
(帰り道にこの記事書いてます。)

昼間は家でただゴロゴロしてるだけでしたが、とても楽しい1日を過ごせました。

明日は学校がお休みなので、久しぶりに少しですが勉強でもしようかなと思います。

では、また。