読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計の長針

日記感覚で出来事や思ったことなどを書いていけたらいいなと思ってます。

昔の人って偉大

おはようございます。
とりあえず昨日の私について。

昨日も安定の授業。



と、思って学校へ向かったのですが、授業開始のチャイムが鳴ったのに、なぜか教室には私1人でした。


?????


え?待って。
休みとかじゃないよね?

すごい焦りました。

5分後…

先生がきました。

あ、なんだ。授業あるんじゃないすか。

それから、さらに5分後。

遅れて一名生徒が現れました。

授業開始です。



まぁ、普通ここで異変に気づきます。

生徒2人しかいねーじゃねーか。

それでいいのです。
なぜなら、金曜日の授業は普段生徒3人のみだからです。
昨日は、1人休みで残り2人。
普通の大学じゃ3人しかいないのに授業やるとかありえないかと思いますが、私の通ってる大学は規模が小さいので、そもそも学生がそこまで多くない。
また、人気の授業に生徒が恐ろしいほど集中するので、空っぽの授業は本当に空っぽになったりもします。

で、私が今期の金曜日に受けてる授業は、簡単にいうと穴場。
みんな知らないけど、実は受けやすい授業(という言い方してますが、要は楽な授業)なのです。

3人だけの授業は、もう本当に授業というよりかは、半分雑談混じりみたいな進み方をするので、とても気楽な気持ちでいられます。

ある意味、今期一番気に入っている授業です。

そして、授業では、チャップリンの作品をみました。
白黒で、セリフもない作品なのですが、これがまたとても面白い。

暇な時にまたみたいなぁと思わせるほどの面白さです。
(↑あまり、響かない書き方)

つまり、結論をいうと、たまには昔の文化や歴史にふれるのも悪くないよぉ〜ということ。

みなさんも機会があれば昔の芸術や文化を調べてみるのもありだと思います。

それを今回は伝えたかった…

……

では、また。