時計の長針

日記感覚で出来事や思ったことなどを書いていけたらいいなと思ってます。

フレッシュマン

 

こんばんは〜

 

思えば再スタートするとか言いながらまたしても放置してしまったこれです。

 

てことで、なんとなく思い出したのでなんとなく書きますね。

 

えー、前回これを書いていた時、学生でした。

それがどうでしょう!!

書き忘れてわずか数ヶ月で社会人になってました。

 

まさか、自分にも社会人になる日がくるとは思っていませんでした。

(いや、思ってはいたけど、社会人として生きてる自分の未来が見えてなかっただけというのが正解ですが。)

 

そんなこんなで社会人1年生。

少し前には友達100人できるかな〜なんて歌を歌ってた私も、今じゃお仕事何件できるかな〜なんて夢にもないことを歌うようになってます。

 

全く持って社会人とは素敵な響きです。

 

正直、入社当初は本当にやっていけるか不安しかなかったです。

このやっていけるかには色々意味が込められていますが、そこは触れずにいきましょー。

 

もちろん、まだまだ半人前どころか人にすらなれてませんが元気にやれてることは我ながら大きいと思います。

 

趣味で出かける頻度も学生の頃に比べると減り、友達に会う頻度も比例するかのように減りました。

けれど、反面、1度の遊びや1度の友達との再会は本当に喜びになりました。

当たり前が当たり前じゃなくなったことで、当たり前が特別な事に変わったみたいな。

いい事言おうとして、日本語がミキサーにかけられてしまいました。ぐっちゃぐちゃ。

 

要は時間では仕事と遊びの割合は9:1だけど、充実度では5:5ってことです。

 

なので、これからもこの割合をキープして、健康に気をつけつつ頑張りたいなんて思ってます。

 

社会という荒波にこれからたくさん揉まれると思うし、心も氷のように冷たく冷めてしまうかもしれない。

そんな時こそ、例の黄金比を思い出したい。

 

 

そう。

 

 

スムージーみたいな男に私はなりたい。

 

 

では、また。